全国に130校、駅前の完全個別指導塾、KATEKYO学院

指導事例紹介

生徒一人ひとりに合わせたカリキュラム
その一例をご紹介!

  • TOP
  • 指導事例紹介
三春町 Sくん

自らが切り開く未来の可能性~不登校から県立高校への逆転合格

  • 指導科目

    小論文、面接、英語、国語、数学

  • 指導回数

    月4回/90分コース

  • 入塾のきっかけ

    小学校を卒業した後、学校に行けない時期があり、あまり勉強をしたことがなかった。最初、中学3年分の勉強を一人でやろうと思ったが一向に進まず、気ばかりが焦っているうちに、時間ばかりが過ぎていった。そうしたとき、家庭教師の先生に課題を出してもらって、1対1で習ってみたいと思い、始めることになった。

  • 指導方針

    Ⅰ期選抜の試験日までは、2週間ほどしか時間がない状態でした。試験対策では、小論文(600字)、面接、英数国3教科の基礎知識を3つの柱としました。小論文は、①漢字の書き取り ②文学作品の冒頭文の視写 ③過去問による条件作文の練習(200字)を中心に指導しました。 特に文章表現においては、「言葉づかい」を漢字表記に直したり、「文体」を「だ・である」調に変えたりしながら、より洗練された表現をめざしました。さらに、「序論、本論、結論」という小論文の段落構成についても指導しました。Sくんが、小論文の書き方をネットで調べていたので、学ぼうとする意欲が非常に高いと感じました。「自分のことを主観的に述べるのは作文、世の中の課題について客観的に論ずるのが小論文である」と伝えながら、本番に向けて自信が持てるよう、多くの題で演習を重ねていきました。 面接対策では、「面接ノート」を作成しました。過去の出題から予想される質問内容を列挙して、まずは言葉で書くことを重視しました。その後、書いた内容が面接のシナリオになります。ただし、ここからが大事です。丸暗記では、言葉に自分の心が入っていませんので、単なる棒読みになってしまうのです。自分の言葉で言えるまで、何度も練習を重ねました。口先だけの音声にならないよう、演劇の発声法も取り入れ、腹の底から声を出したり、口を大きく開けたまま動かしたりもしました。さらに、言葉というものは何度も口に出すことで、自分の言葉としての存在感が増していきます。 試験で問われる可能性のある国数英3教科の知識は、中学の教科書から要点を抜粋しプリント3枚にまとめ、必ず覚えるよう伝えたところ、熱心に取り組んでいました。残り少ない時間の中で、これだけは必ずやってほしいと思うことを選んで、指導に当たりました。

生徒さんの
コメント

カテキヨーを始める前は、「勉強で役に立つのは漢字や計算ぐらいだ」と思っていましたが、「勉強する途中で鍛えた脳や精神は、大人になっても役に立つ」ことを初めて学びました。  村井先生に分かりやすく教えてもらうことで、今までわからなかったところが理解できました。理解ができて問題が解けるようになると、勉強が楽しく思えてきました。それからは、一人でも勉強するようになり、自分が変われた気がしました。  また、村井先生といっしょに勉強した生徒が、ただの成功ではなく、下からはい上がり合格していく過程の話を聞くうちに、「自分にもできるかもしれない」と勇気が出てきました。  作文でも、最初は書けない題を飛ばしていましたが、苦手なものにも取り組むよう、先生に注意を受けてから、さらに「やる気」が出ました。わからないときでもあきらめずに、スマートフォンで検索し調べました。こうして、わからないときは調べて解決する習慣がつきました。無事に合格し、高校生になることができ、本当にありがとうございました。

教師からの
コメント

不登校を経験したSくんですが、話してみると非常に前向きなことに驚かされました。特に、受験勉強をしていく中、「点と点が線になっていく」と話していたことが印象的で、理解力が増すにつれてSくんのモチベーションも向上していくのがわかりました。「自分には、もう時間がないんです」というSくん自身の言葉からも、「今回は必ず合格しなければならない。絶対、高校生になるんだ」という強い執念がうかがえ、私が「やってほしい」と指示したことは、入試までの2週間ですべてやってくれました。  現在は、新学期がスタートし、毎日、元気に高校に通っています。合格してからもネットの動画を見ながら自力で学習を続け、中学校の基礎的な数学はほぼ理解できるようになりました。これから初めての定期テスト対策を、私といっしょに行うところです。 先日、次の目標を尋ねると、「大学進学です」という力強い答えが返ってきました。 S君の新たな人生は、今、始まったばかりなのです。

郡山市 Mくん

念願の第一志望にⅠ期で合格 「教師」という夢に向かって

  • 指導科目

    国語・数学・理科・社会・英語・小論文・面接

  • 指導回数

    月8回/120分コース

  • 入塾のきっかけ

    小学校6年生のときに、中学校へ向けて塾などに通い、学習に力を入れようと思いました。さまざまな塾を調べる中で、マンツーマン指導のもとで学習したいと感じ、入塾を決めました。

  • 指導方針

    日頃から自分の「目標」を持つよう説諭し、学校の授業で習う前の「早朝学習」、いわゆる「予習」の仕方を指導してきました。「数検」「英検」などの「検定」を受けるという挑戦も、そのための予備練習であり、日々の向上心の育成にも欠かせないものと考えています。 また、進学校の高得点対策で重要な「理科・社会の知識の定着」には、「教科書の音読」を助言し、毎日続けてもらいました。用語暗記のチェックは、一問一答で復習しながら、ケアレスミス対策を強化しました。進学校に合格する生徒の中には、「理科・社会のどちらかは満点」という生徒が意外に多いからです。この音読&一問一答の「ダブル学習」の効用は、技能教科の知識定着にも有効であるとわかりました。 次に、指導の中で出て来た、いくつかの課題とその解決に向けた指導についてお話しいたします。 1つ目は、モチベーションコントロールです。「テスト終了後の意欲の低下をどう防ぐか」これは、同一教科を長い時間行うのではなく、多くの教科を短い時間ごと交換する提案をしたところ、「学習の継続が図れた」とのことでした。 また、自らの内面を言語化するのが困難な時期であるので、心理学者や精神科医のエッセイや評論を勧めて、精神の安定を図りました。自分が言葉にできない感情を、他人がうまく言葉にしているのを読むと、不思議と心が落ち着いてくるものです。 2つ目は、学習のプランニング能力です。「前テストのつまずきを、次のテストでいかに挽回するか」ここには、H.M.君の創意工夫がありました。特に、理科では「学校のワークのみでなく、単元プリントのミスもチェックする中、満点をねらえる感覚を初めて覚えた」と話していました。結果的に、新教研テストでの「200点突破」につながり、その後も得点は200点前後で安定しておりました。 さて、昨今の入試事情を見てみますと、流れは今や「推薦合格」です。ご家庭も、生徒自身も、「Ⅰ期選抜」での合格を願っていましたので、夏休み中から本格的な作文練習を強化してきました。日頃から言葉に関心を持ち、辞書を引くことを厭わなかったよき習慣がここでも生きてきました。言葉の使い方、語彙の量ともに申し分なく、書くたびに表現が巧みになりました。 さらに、競争に勝てる十分な実力を錬成するため、小論文添削を行いました。ここからは、表現力や構成力を身につける段階です。表現力の育成では、用言で名詞を修飾する、「文のデコレーション化」技術を指導しました。形容詞、形容動詞をうまく使えば、円熟した深みのある「表現」に変容することを、まず「知識」として定着させました。その後、実際の小論文に「表現」として体現させていくため、一つの文章に対して時間をかけて推敲していきました。「知識」が自身の「表現」となり、独創性が生まれる過程こそ、入試本番における自在なパフォーマンスを可能にする原動力となり得るものだからです。 パソコンでの文章作成を提案しました。校正がしやすく、具体例をネット検索できるからです。とりわけ、「本論」の内容を吟味、選択するのに大いに役に立ちました。 面接指導では、本番で話す内容を煮詰めながら、質問の答えとして面接官が求めている内容をきちんと話せるまで、何度も反復練習しました。アドリブに対応できる能力(度胸?)も大切だと思います。

生徒さんの
コメント

私は、中学2年生の2回目の定期テストのときに、急激に点数を落としてしまいました。教科のバランスを取るのが難しかったからです。「文武両道」を実践するには、時間の管理が大切だと思いました。 それからは、毎朝5時に起き1時間ほど勉強してから朝練に行くようにしました。早朝学習を始めたきっかけは、学校の課題が終わらなかったことでした。しかし、実際に毎朝早く起きて学習すると、夜に取り組むよりも集中力が上がるように感じました。そのときから、毎朝、早く起きて学習する習慣が身につきました。 学習のやり方も工夫しました。私の場合、英語は似たような表現の単語や熟語を勉強しました。すると、長文問題で出題される、英単語を考えて入れる問題でも、正解できるようになりました。数学や理科については、間違った問題を分析したところ、よく考えればできることに気づきました。そこで、自分が考えていく途中で気づいたことはすぐメモをし、答えにたどり着くための過程を必ず残すようにしました。社会は、漢字のミスが目立っていたので、間違ったものをその場で3回書いて覚えるようにしました。 Ⅰ期選抜の練習は、特に印象に残りました。本格的に小論文の練習を始めたとき、最初に「『豊かさ』には『物質的豊かさ』と『精神的豊かさ』があること」を、村井先生から教えてもらいました。「物質的豊かさ」は、経済的な物質面のこと。「精神的豊かさ」は、人の心の満足感、幸福感のこと。この2つの豊かさを対比することで、さまざまな分野の話題に派生させることができ、小論文が非常に書きやすくなりました。小論文の題は、先生からいくつか出されました。初めは1本ずつ完成させるやり方でしたが、少しすると、2つ以上の作業を並行して進めることを教えてもらいました。その結果、短時間で多くの小論文を書き上げることができました。  小論文を書く上で、特に「序論」の部分を手厚く指導してもらいました。「一問一答で終わる問いではなく、本質を深く掘り下げる問いにすること」を教わりました。自分の書いた文章を、村井先生に修正してもらって、改めて読んでみると、論の中に引き込まれるのを感じました。自分もそのように論を進められるよう、先生の表現を参考により深く考えて、「序論」を組み立てるようにしました。 本番でも読む人が引き込まれる「小論文」を書くために、「序論」は単なる意見を述べるのではなく、出題された問題に対して「それは本当なのか」というように、本質を問うものを考えて書いていきました。「本論」を書くには、客観的根拠が必要であり、そこに数字などのデータを用いることで、説得力が生まれることも学びました。 小論文の練習をしたことで、以前よりも文章を書くことに抵抗がなくなりました。その後のテストでは、時間がかかっていた作文の問題もすらすらと書けるようになりました。 村井先生のアイディアで、パソコンを活用したことも楽しかったです。パソコンだと、文章を思いついたときに、すぐに入力ができました。そのときの考えを忘れないうちに残すこともできたので、文章を作成しやすかったです。また、ニュースなどを調べながら作成するときにも、コピーして文章を引用できるので、非常に便利だと感じました。  面接は、村井先生に質問の内容を教わり、学校でも繰り返し練習しました。特に、志願理由については、具体的な話を簡潔にまとめ、「自分が一番伝えたいことは何か」を話せるように意識しました。  英語長文の対策では、中学1年生から熟語を覚えるよう勧められていたので、先生がつくったプリントを活用し「熟語を覚えたかどうか」を、実際に問題を解く実践練習で確認していきました。長文の内容を理解してからは、全体を音読し早く読めるまで繰り返しました。  高校では、「予習➡授業➡復習」のサイクルを継続して、計画的な学習スタイルを身につけたいです。部活動との両立を実現させるためにも、短い時間を確保して有効に使えるよう毎日、取り組んでいきたいです。 高校卒業後は福島大学へと進学して、将来は保健体育の教師になりたいです。

教師からの
コメント

M君は、自らの成績に慢心せず、基礎・基本を大切にしながら学習に取り組む姿勢が模範的で、立派でした。語彙力を増やすことにも意欲的で、新聞やテレビなどでわからない言葉が出てくると辞書で調べて確認する、よい習慣が身についていました。 しかし、うまくいかないと自分を責めてしまうことが多々ありました。自分の悩みを自分自身で言語化できずに、悔し涙を流す場面も見られ、時には一時的に学習意欲を失ってしまうこともありました。こうした、受験生としての「精神的葛藤」について、学習が停滞しないよう何度か相談に乗ったものです。「君だけじゃない。受験生ならみんなそういう気持ちになる。我慢しないで話してくれないか」と訴えては励ましました。そうした中で、自分の内面に合った「本」との出合いも大きな成長をもたらし、精神的に強くなると学習意欲も自ずと持続するようになっていきました。 受験直前になればなるほど、「勉強だけ教えてもらえばいい」「点数だけ上げてもらえばいいんだ」と思いやすいものですが、私には必ずしもそうとは言い切れません。いくら、「学力向上」「第一志望合格」という最終目標が命題だからと言って、勉強しか教えられない「家庭教師」では、やはりプロ意識が十分にあるとは言えないでしょう。 余談ですが、受験を無事に乗り越え、高校生になったMくん。現在は、手帳を活用しながら、時間の管理を心がけ日々がんばっています。受験前とは比較にならないほど、精神的にも大きく成長しました。 くれぐれも誤解してほしくはないのですが、「高校合格」とは、生徒にとっての最終的なゴールではありません。あくまで、成長のプロセスであり通過点に過ぎないのです。 M君は、今、再び私とともに福島大学合格をめざす、新たな一歩を踏み出したばかりです。そのさらに先には、「体育教師になる」という彼の本当の夢が待っているのです。

郡山市 高校3年 Sさん

国立大教育学部に推薦入試で逆転合格!

  • 指導科目

    面接、小論文、英語、現代文、古文、数学、化学、生物、地理

  • 指導回数

    月4回/90分コース

  • 入塾のきっかけ

    「どんな勉強をすればいいのか」 私はとても思い悩み、自分一人で考えてみたものの、自分に合う「勉強のやり方」が浮かびませんでした。学校の宿題だけでは満足できず、市販の参考書や問題集を片っ端から購入したこともありましたが、どれも自分に合わないものばかりで1冊の問題集をやり遂げることすらできずにいました。  妹がすでに家庭教師をやっていたこともあり、「一人ひとりに対応してくれる『家庭教師』を始めたい」という思いが強くなりました。センター試験が近づく中、私も「教材選び」や「自分の学習法」について真剣に相談したくなっていたのです。

  • 指導方針

    「普段、どんなことで困っているのか」と尋ねると、「模試で英語の問題を解く時間が不足する」「文法問題の正答率を上げたい」という話でした。 そこで、文法・語法問題を含む前半の解答速度を上げるために、センター式の四択問題を特訓しました。 長文を読む速さを上げる練習をするのではなく、まず知識さえあれば解ける問題の解答速度を上げ、後半に長文読解のための十分な時間を残す作戦です。 もしも、前半の文法・語法問題を捨て、配点の高い長文から先に解く方法を安易に選択すると、「感覚」で答えを出そうとする悪しき癖がつき、仮にうまくいったとしても、せいぜい7割台が精一杯。基礎・基本が理解できていないために、これ以上は伸びなくなってしまうからです。長年、指導していると、このタイプの生徒が非常に多いのです。明らかな作戦ミスと言えるでしょう。 「評論」読解も、苦手意識が先行し気になっているようでした。そこで、初めて問題文を読む際に「接続詞」や「副詞」に留意しながら、「文脈の論理」を読み解くことを伝えました。そのためには、「対比」「類比」「因果」の3つのポイントに気づくことが大切であると話し、問題演習の中で確認していきました。「普段、辞書はあまり使わない」とのことでしたが、国語辞典を何度も引くよう説諭しました。これによって、わからない語句の意味、そして文脈上での筆者の「個人言語」としての使い方にも目を配れるよう指導していきました。

生徒さんの
コメント

私の苦手なものに「評論」の読解がありました。今まで、何度、文章を読んでも内容がわかりませんでした。そこで、村井先生に相談してみたところ、「文章中の言葉の意味を調べてみて」と言われました。私は言われた通り、辞書でわからない単語を調べていきました。すると、本当に読めるようになって、自分でも驚きでした。このようなことは、学校では教えてくれないと思います。  センター試験の1か月前、私は化学の点数が40点台でした。ところが、村井先生に勧められた教材をやってみたところ、模試で80点台が取れるようになりました。英語も90点ほどだったのが、本番で168点も取ることができました。 ただ、わからない問題を教えてもらうだけでなく、自分に合った「教材」や「勉強法」を教えて頂けたことも、合格できた一つの大きな要因であると考えています。

教師からの
コメント

「教える側の指導を柔軟に受け入れ、素直に実践できる選手ほど伸びる」と、あるスポーツの第一人者が話しているのを聞いたことがありますが、私自身、「それは本当だ」と、今回、改めて実感しています。 「1日の学習時間が15時間」と話す勤勉な努力家で、常に主体性あふれる学習ぶりが印象的でした。生徒自身が毎回の指導を非常に喜んでくれ、いつも目が輝いていました。 日頃から問題意識が高かった分、指導を受けた内容に対しての吸収力も人一倍あり、私の言葉が、生徒本人の心の奥に浸透していくのがよくわかりました。ですから、この短期間での弱点克服、成績向上には目覚ましいものがあったのだと思います。何と2時間の指導の前後で、学力が大きく変化することまでありました。「自分の学習法」がわかり、身についてきた証拠だと感じた瞬間でした。

郡山市 既卒性 Mくん

高卒認定試験に見事合格!

  • 指導科目

    英語・数学・日本史A

  • 指導回数

    月8回/120分コース

  • 入塾のきっかけ

    父の勧めもあり、わからないところを集中的に教えてもらいたいと思い、入塾を決めた。

  • 指導方針

    最初は、ノートのまとめ方や筆記用具の効果的な使い方などを助言し、「自分の考えに基づいた学習法の習得」をめざしました。一人でも成立する「自分自身の学習」です。 英語では辞書を引く習慣を身につけるため、長文問題と文法問題の課題を出し、毎日20回以上、辞書を引いて単語を調べることを習慣づけました。単語の記憶量を増やせば、英文の内容が読みやすくなるはずです。文法は、be動詞、一般動詞の三人称単数からのスタート。「感覚」で覚える丸暗記ではなく、「なぜそうなるのか」という英文法の「理屈」を理解することに主眼を置きました。一見、遠回りに見えるかもしれませんが、長文読解に使える「確実な理解」を求めました。 数学では、九九の6~9の段を再確認すると計算速度が上がりました。反復練習により処理速度を上げようと考えました。最初は、計算の習熟です。「正負の数」「多項式」から始めました。次に、「公式」に慣れるため、類題を繰り返しました。「解の公式」から「余弦定理」まで一気に進めました。最後は、「時間配分の訓練」と「計算ミスの防止」です。最終的には、自分のミスに気づけるよう指導しました。 日本史Aは、時間を計りながら問題演習を行い、「基礎用語の定着」に努めました。

生徒さんの
コメント

高認試験の勉強のため、カテキヨーに通い始めてからの4ヶ月間は、とても充実していて自分にとって長く感じました。やることや覚えることは多く大変でしたが、村井先生に試験までのプランを立ててもらい、勉強に集中させてもらえたからこそ、受かることができたのだと思います。村井先生に教えて頂かなければ、この合格はありませんでした。本当にありがとうございました。 塾に通わせてくれた父と、指導してくださった村井先生に改めて感謝しています。

教師からの
コメント

教室指導の後、「自らインターネットや問題集を調べた類題を解く」というアイディアが秀逸でした。徐々に、教師に不明な箇所を自ら質問するなど、望ましい学習態度が身についてきました。「学び方を学ぶ」という「学び」の本質を理解し、粘り強く取り組む姿勢は大変立派で、感心させられました。毎回、ノートには自分の言葉で疑問点が書かれていましたので、私は、それを見ながらピンポイントで的確な指導につなげることができました。 教師の指導に沿い、最大限の努力を惜しまない姿が印象的でした。特に数学では、難しくてできなかった問題でも、一人で解けるまで粘り強く挑戦し身につけることができました。

郡山市 高校3年 Aくん

【郡山】英検合格でさらなる自信に

  • 指導科目

    英、数、国、社、理

  • 指導回数

    月6回/120分コース

  • 入塾のきっかけ

    中学3年生の12月頃、家から近距離の塾を探していたが、家庭教師であれば直接、家に来てもらえるので助かると思ったから。

  • 指導方針

    受験の成功のカギを握る教科と言えば、やはり「英語」です。A君はもともと英語に対する関心があり、文法の仕組みにも初めから興味を示しておりました。通常ですと、生徒が嫌がる分野ですが、A君は詳しく知りたがったので、細かな内容も次々と吸収し、自分のものにしていきました。また、英検の受検も段階的に英単語、英文法の習得を積み上げて、クリアしていきました。定期テストにおいても、徐々に指導する科目が減っていき、理数系は自力で8割以上の得点を取れるレベルに達していました。「素直に指導に沿って、学習を進める生徒はこんなにも伸びるのが早いものか」と正直、驚かされました。

生徒さんの
コメント

村井先生と授業をしていくうちに、中だるみが原因で伸び悩んでいた英語の成績が以前のような、よい成績が必ず出せるようになりました。僕は小学校の頃から国語の文章問題が嫌いでした。高校になると文章の難易度も上がり、どうしたらよいかわからず途方に暮れていましたが、村井先生に勧められた問題集を解き進めていくと、「どのように問題に取り組めばよいのか」が分かり、テストの正答率がどんどん上がっていきました。それ以降、英語、国語ともに文を読むスピード、文を理解するスピードも早くなっていきました。そのおかげで志望していた「日大理工学部」に合格することができました。志望大学に合格させてくれた先生には、とても感謝しています。ありがとうございました!

教師からの
コメント

A君は、中学2年の頃、興味を持った海外アーティストがきっかけで、「英語」に関心を持ちました。高校生になり、ある漫画のキャラクターが音楽にちなんだものであることが、私との共通の話題となり、プログレッシブロックの楽曲も紹介しました。また、エレキベースを部屋で引くようになってからも、「昔は、『スラップベース』じゃなくて、『チョッパー』と言ったんだよ」などとフュージョンの現役ベーシストやレジェンドを紹介し、音楽談義にも花が咲きました。教師と生徒がおのおのの興味・関心を重ね、ともに人生の瞬間を生きる。私たち、家庭教師はあくまで「名バイプレイヤー」として、生徒の成長を支え続けるのです。 もともと「数字」が好きだったAくん。「数学じゃないのに、『数字』を使う教科だった」物理に興味を持ったそうです。その後、テレビや新聞で見かけた最先端ロボットの活躍の様子を見て、「将来、ロボット開発に携わりたい」と強く思うようになりました。「ロボット」には、自分の好きな「物理」を主に使うと知り、さらに興味が加熱していき、その後、「理工学部」への進学を決意するに至るのです。 学習を教えることだけが「家庭教師」の仕事ではありません。生徒の自立を支援することも、私たちが「個別指導」だからこそ、成し得るのだと改めて感じています。生徒とこのようなすばらしい関わりができたことに、心から感謝しております。

ページのトップへ